貧乏最高!美顔器ジェルを作っちゃおう!

貧乏汚女子のための美顔器ジェル代用品研究ちゃんねる

MENU

貧乏最高!美顔器ジェルを作っちゃおう!

貧乏として生きていく上で、一番重要なことは何でしょうか。
お金をかけないこと?
節約上手になること?
我慢すること?
きっと、人それぞれで違う答えが返ってくるでしょう。

 

私が一番大切にしているのは、大事なことはケチらないことです。
そして、できることは自分でやる!ということ。
テレビのボンビーガールという番組がありますが、あれも同じだと思っています。
皆さん、自分でできること、作れるものは安い材料で作りだしていますよね。

 

そこで、美顔器用ジェルも自分で作れないものかと、レシピを探してみたら出てきました!
これで、私専用の美顔器ジェルができると思うととても嬉しい!

 

 

せっかくなので、簡単な美顔器用ジェルの作り方をご紹介しますね。

 

美顔器用ジェルの作り方

 

用意するもの
精製水…100ml(ドラッグストアで購入できます)
お湯…適量
キサンタンガム…1〜2g(アマゾン等で購入できますが、防腐剤が入っていないものを購入しましょう)
グリセリン…10ml(ドラッグストアで購入できます)
好みで、ヒアルロン酸・コラーゲン・アスコルビン酸(ビタミンC)

 

 

作り方

  1. 精製水にキサンタンガムを少しずつ加えながら混ぜて、好みのテクスチャーにします。この時、なかなか溶けないことがありますので、少量のお湯を加えてみるのがポイントです。
  2. ジェル状になったところで、グリセリンを混ぜて完成!

 

キサンタンガムとは?

ここで気になるのが、キサンタンガム。
これは、トウモロコシなどのでんぷんを発酵させて造られた物質により生み出されるものです。
たとえば、ドレッシングに使われているので、体内に入れることが可能となので、美顔器用ジェルとしてお肌に使用しても問題ないのです。

 

手作りの美容ジェルを使用する場合の注意点!

まず、本当の本当に無添加であるため、細菌に非常に弱いのが特徴。
ジェルを作ったら、清潔な容器に入れて保管しましょう。
そして、作ったジェルはできるだけ早く使いきることが大切になります。
目安としては、1週間。
保管は冷蔵庫が基本です。
どんなに長くても2週間以内には使いきるか、もし期限を過ぎてしまったら、捨てて新しく作りなおしたものを使用してください。

 

 

美顔器用のジェルが手作りでできるなんて、なんという幸せなのでしょう♪
ヒアルロン酸などを入れる場合、専門店で購入し、知識のある店員さんにどの程度配合するのがいいか、アドバイスをもらうといいと思います。
ただし、美容成分は高価なので、余裕がなければとりあえず基本ジェルを使用しておきましょう。
貧乏最高!な瞬間の美顔器用ジェル、ぜひ皆さんも作って使ってみてくださいね。