美顔器ジェル代用品研究ちゃんねる

貧乏汚女子のための美顔器ジェル代用品研究ちゃんねる

MENU

貧乏でも美顔器!

美顔器使用していますか?
美顔器使用したいですか?
美顔器をこよなく愛する貧乏汚女子の私が、美顔器を使用したいけれど、専用ジェルが高すぎて使えないから…と悩み、困っている方に、市販のジェル代用品をご紹介していきたいと思います。

 

美顔器って、早い人だと20代前半頃から使用している人がいますが、おそらく多くの人は30を過ぎてから、一番多いのが40代になってから購入して使い始めるというケース。
しかし、できれば、悩みが目に見えて出てくる前に使用していただきたいというのが私の本音でございます。
やっぱり、改善より予防の方がずっと美しくいられますからね♪
まあ、そんなことを言ってる私も、実はくすみとくま、若干のたるみや小じわが気になり始めてから使い始めているわけですけどね。

 

仕事はしていますよ。
貧乏とは言いましたが、仕事はしています。
一応社員です。
でも、高給取りではありません。
いわゆるワーキングプアのような気がしています。
だから、できるだけ節約はしたいところなのです。

 

 

さて、美顔器って、いくらくらいするか知っていますか?
だいたい1万円くらいから、高いものは何十万とするものもありますが、一般的なものは3万円くらいです。
この、3万円って高いと思いますか?安いと思いますか?
私は、最初「あ!そのくらいならちょっとお金ためて買えるや!」なんて気持ちでいたのですが、実際に商品をよく見てみると、知らなかった事実が発覚!
それは、美顔器にはたいてい専用のジェルが必要ということなのです。
で、そのジェルがまあ、結構なお値段するのですよ奥様!
あ、いえ、失礼…皆様!
とはいえ、美顔器ほど高いわけではありませんよ。高くても、せいぜい5〜6千円程度ではありますが、それでも美顔器を使用する際に使用する消耗品なわけですから、いずれは美顔器の価格を抜くでしょうね…。
そう考えると、やっぱり高い気がします。
特に、私のような貧乏人には美顔器はなんとか買えても、毎月ないし2か月に1回程度、数千円も飛んで行くのはちょっと厳しい…。
と、まあそんな現実を知ってしまったわけなのです。

 

皆さんは、美顔器に専用のジェルがあるってご存じでしたか?
もしかして、知らなかったのは私だけでしょうか。
なんて不安も抱えていた時期もありますが、今はどうにか代用ジェルはないものかと研究の日々を過ごし、成果が見えてきたので、お伝えしようというわけでございます。
美顔器は、正しく使用しなければ、せっかくいいものを買っても宝の持ち腐れ、効果も半減してしまいます。
美顔器を使用する際は、説明書をよく読んでからご使用くださいね!
購入前には、ジェルについてもきちんと読んでおいた方がいいですよ!

美顔器をジェルなしで使ってみる

美顔器を使用する際に必要な専用ジェルですが、実はジェルを使わずに使用しているという知人がいました。
そんなことって可能なのでしょうか?
できることなら、私もそうしたい!
でも、その分効果が出ないとかあるのかな?なんて気になったので、なんとなく話を聞いてみることにしました。

 

すると、どうやら美顔器の種類が違っていたことが判明。
私が使用したいのは、超音波式の美顔器で、それには専用のジェルが必要なのですが、知人のは光を照射するタイプの美顔器なので、ジェルを使用しる必要がないのです。

 

 

 

専用ジェルが必要な美顔器

美顔器を使用するにも、ジェルが必要なものと、そうでないものがあります。
専用ジェルが必要と言われるのは、大きくわけて二つ。

 

超音波式美顔器

超音波をお肌に伝えるために、専用ジェルを必要とします。
何も使用しないで超音波式美顔器を使用した場合、超音波が肌に伝わらないため、結局なんの効果も得られないでしょう。
また、摩擦による炎症が起きてしまうことが懸念されます。

 

イオン導入タイプの美顔器

イオン導入タイプの美顔器は、潤い成分をお肌の奥まで浸透させるものですので、何も塗布せずに行うのは、全くなんの意味も持ちません。
これも、摩擦による炎症が懸念されますので、直接肌に当てるのは止めましょう。

 

 

なるほど〜と思いますよね?
でも、これだとたとえば専用ジェルでなく、高いものではなくて水でもいいのかな?なんて思いませんか?
超音波式美顔器も、イオン導入型美顔器も、また他にもあるEMSなどの機能がついた美顔器も、どれもなにかしら濡らせば使える気がしますよね。
実際のところ、お水でもできなくはないようです。
しかし、お水を使用すると蒸発してしまうことや滑りにくいことから、お肌へのダメージが防げないという結論に至ります。
また、美容成分が配合されていないため、シワやくすみの改善には向かないでしょうね。
結果、やはり5分程度水分を保持できるジェルが必要ということになるのです。

 

超音波やイオン導入美顔器によっては、専用でなくて、手持ちの化粧品類で代用できるものもあるので、専用ジェルが高くて買えないという場合は、そういった美顔器を探してみるといいいかもしれませんね。
ジェルなしで使用することは、お肌への負担がかなり大きくかかりますので、万が一そのようなやり方を行っている人がいたら、直ちに止めまてくださいね。
貧乏でも、けちっていいところと、そうでないところはしっかり見分けなくてはなりませんよ。

美顔器の代用ジェル

たるみ解消などのリフトアップを目的として美顔器を使用する場合、おすすめなのが「超音波式美顔器」です。
今の美顔器には、様々な機能が付いていて、魅力を感じるのですが、私はともかく超音波式がいい!と思っています。
もちろん、個人的な意見ですので、皆さんそれぞれ使用したいものを使用すればいいのだと思いますが。

 

とはいえ、おそらく多くの人が目にする美顔器のほとんどは、ジェルが必要なものとなっています。
そこで、貧乏ならでは!の私の考えで、美顔器の高い専用ジェルはどうにか回避して、代用ジェルではどうにかならないものか!と調査してまいりました。

 

結論としましては、代用は可能なのです。
ただし、代用ジェルといっても、何でもいいわけではありません。
なぜかと言いますと、その答えは美顔器代用ジェルで検索!ポチっ!
ではなくて、美顔器専用ジェルには、実は美容成分がばっちりたくさん使用されているのです。
理由は、一つ。
美顔器を使用して肌の奥までこの美容成分をしっかりと届けるため、できるだけ余分なものは入れていないから。
…となると、皆さんもうお気づきですよね。
市販のものでも使用可能とはいっても、防腐剤やら鉱油物やら、添加物が含まれるものは使用したくありません。
せっかくお肌の奥まで浸透させるのに、余分なもので妨げたくはないですからね。
また、イオン導入型美顔器を使用する場合は、粒子が大きいものもお肌の奥まで届かないので、これまた注意しなければなりません。

 

 

市販のジェルで代用する場合の注意点を挙げておきましょう。
  • 防腐剤(パラベン)、鉱油物、界面活性剤不使用なもの
  • オイルや乳液、クリームは、超音波の妨げになるため、オイルフリーの水溶性ジェルを選択
  • できれば合成着色料や合成香料を使用していないもの
  • すべりがいいものが理想なので、オールインワンゲルなどがおすすめ
  • イオン導入型美顔器には、粒子が小さなジェルを選ぶこと

 

 

おすすめの美容成分

<毛穴対策・肌のキメ改善>

  • ビタミンC
  • プラセンタ

<ハリ・うるおい対策>

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

<しみ・くすみ改善>

  • プラセンタ
  • コエンザイムQ10
  • トラネキサム酸

 

イオン導入型美顔器を使用する場合は、粒子が大きいコラーゲンやヒアルロン酸は浸透させることができないため、注意してくださいね。
その場合には、私の大好きな超音波式美顔器がおすすめですよ!
せっかくの美顔器をムダにしないためにも、美顔器専用ジェルの代用ジェル選びには慎重にならなければいけませんね!

美顔器のジェルは無添加のものでなければならない?

美顔器専用ジェルの代用品を考えている場合、まず大事なのが「無添加」のものを選ぶことです。
無添加って、高くて…結局貧乏な私には買えないから、美顔器も使用できない…。なんて諦めかけている方、そんなことはありません・
確かに、防腐剤やら鉱油物やらが入っている美容ジェルは安いものが多いかもしれませんね。
でも、無添加だからといって、めちゃくちゃ高い!高すぎて手が出せない!という程ではありません。
私のような低所得者でも購入することができますから、諦めないでくださいね!

 

と熱く語ってはみたものの、実際にどんな美容ジェルがあるのか、低価格でも無添加の美容ジェルってあるのかどうか、少し不安になりましたので、そこはきちんと研究させていただきましたよ〜。

 

 

無添加美容ジェルってある?

多くの人は、肌研の「脳極潤パーフェクトゲル」が安くていいと言っています。
気になる金額は、楽天の最安値で925円。
ヨドバシカメラだと送料無料で1130円。
内容量は100gです。
ムムッ!これは確かに安い!
ドラッグストアでも販売されているはずなので、市販の無添加美容ジェルとしては、結構おすすめなのがわかりますね。
と言いたいところなのですが、残念ながら成分表を見ると、「メチルパラベン」が入っている…これは、残念極まりないですね。
ただし、パラベンは防腐剤なので、防腐剤を使用しなければ細菌が繁殖してしまうことから、多くの市販ジェルにはおパラベンなどの防腐剤が使用されています。
ちなみに、ドラッグストアで購入する場合、1500円弱で買えるようですが、効果をきちんと実感したいのであれば、防腐剤入りの美容ジェルで代用はしない方がいいでしょうね…。

 

では、どこで購入できる?

個人的にできる範囲で調べることはしてみたものの、ドラッグストアで購入できるものは防腐剤が入っている…ので、やっぱり駄目かと諦めました。
じゃあ、いったいどこに無添加の美容ジェルは売っているんだ!
と、ネットサーフィンで探すこと5分、色々出てきました。
さらに、詳しく見ているとあっという間に1時間が経ってしまいましたが、どうやらネットでは多くの無添加美容ジェルが販売されているようですね。
楽天やアマゾンでも多くの無添加オールインワンジェルを発見しましたよ!
そして、気になる価格については、意外とそんなに高くないものもあります。
購入して使用している方たちのレビューを参考に、自分にはどれが合っているのか、どの成分が配合されたものを使用したいのか見極めてみて、検討してみてはいかがでしょうか。